Uesugi Complete Transcriptions

Complete Transcription

足利義輝御内書
永々在坂本事候其後
腫物いかゝ候や無心元候為其
左衛門佐遣候委曲晴光可申候也
六月廿九日       (花押)
            長尾弾正少弼とのへ

Complete Transcription

大館晴光書状
   端裏
 「(墨引)」
就御腫物之儀被差下
左衛門佐候次今度大友
新太郎進上銕放殊
薬之方一巻御拝領之候
御面目候上意之趣委
曲輝氏可申候
恐々謹言
  六月廿九日  晴光    (花押)
 長尾弾正少弼殿

Complete Transcription

鉄砲薬之方弁調合次第
一 えんせう     二両二分
一 すみ 一分二朱
一 いわう    一分
   又
一 えんせう 一両二分
一 すみ 一分
一 いわう    三朱
    いつれも上々
一 はいの木河原椴又者勝木可然候あまりに枯
過たるハ悪候四十日五十日程ハ可然候それより久
なり候へハ抜口をとり申候也
一 老木ハ悪候但若立にて候へハ老木のも不苦候
一 灰の木を一尺計にきり皮をよくけつり中の
すを能取候て日に干候夏ハ日つよく候問十日
十四五日の聞によく枯候条廿日あまり日に干ハヽ
其後ハ陰干可然候其後焼様之事
一 ふかさニ尺あまりに土をほり其中にわらを五寸
   に切下に敷候て其上にはいの木をつミ下より
   火を付灰の木よくもえあかり候時せうにならさる
   ようにしけ〱とわらを木の上へかけ能やけ候者
   下より煙あからさる物にて候さ様に煙あかり候すは
桶をうつむけてふたにし候てむしけしにし候也
一 炭けし候て後其炭を湯にておもふほと煎申候
其後取あけ能あふり能干申候ハヽ其時調合候也
是ハ薬一段としつしたる時の捺様にて候惣別ハか様
にし候ハねとも不苦候
一 ゑんせう煎様之事一斤に水の天目九はい
入其水のおほさの分木を取候て三分一を煎へ
らし候て円さ一尺の桶に入いせ候て置候其日と
中を一切見候ましく候翌(翠)日に見候て下しるを別の
桶へあけ候て下にゐっき候ゑんせう一日ほと日によく
干さてへらにておとし又日に能干候也又其下
しるを半分に煎へらし煎へり候時天日に水
一はい入候て湯玉のたつほと又煎候て加右桶にひや
し申候三番目右同前
一 いわうあかく黄色なるを用申候青色なるハ悪候白砂
なとましり候ハゝそれをハよく小刀にてこそけ落調]
合可然候いわう色さへ能候へハあハ〱とくたけ候も不苦候
堅ハ猶以可然候
一 薬研にておろし灰たち候ハゝ薬しめり候ハぬ程にちゃ
せんにて水をうち候ておろし候也いわう見え候ハすハ薬
を板の上に少置火を付候てたちて後跡にいつれも残
候ハすハ其時紙に包其上を布を三重計重て
包て口を能々留板の上に置足にていかにも堅成候様
にふみかためさて其後こまかにきさみ申候也
一 薬こしらへ候座敷へ少も火を不可入候火入候へ者忽
あやまち可有出来者薬に火を付て見候時も近
辺に薬無之様可有分別候薬と火の間二三間候
とも付可申候不可有油断候
一  右条々手間入候様に候ハんすれとも薬に馴候へ者
一向手間不入事候五斤とも六斤とも可有調合時ハ
右薬の分両合かさね候てひとつに薬研にて荒
おろしし候て薬うすのやふなる石のうすにてつき
あハせ是又細になり候ハゝ竹の筒へっきこミ能
かたまり候ハゝ筒をわり其薬をきさミ候へく候
大方此分猶口伝籾井に申含候也
以上
永禄弐年六月廿九日